引っ込み思案の女性も夏は開放的になる

 
素人女性とネットで知り合いたい人に私の体験記を紹介
素人女性とネット恋愛実践記 > 素人女性と出会い体験談 > 引っ込み思案の女性も夏は開放的になる
ここ最近、人妻との出会いもその後ごちゃごちゃしたことがあったので、どうしたもんかなぁって思ってたある日。

いつもの床屋で順番待ちをしてる際に手に取った女性誌にハッピーメールの宣伝を見つけた。

「そう言えばハッピーメール、ちょっとご無沙汰だったな」と思って、帰宅後に早速アクセスしたのが2012年の7月、梅雨が明けた後のことだった。

そこで見つけたのが25歳の美沙子だった。
何度かメールのやり取りをするも、正直に言って「つまらない」。
「何でこの娘は登録したんだろう?」って思ったほど。苦笑

職場は東京の新橋とのことで、会えない距離では無かったので、「どう?暑いからビアガーデンでも行かない?」とダメ元で誘ってみたら、「ビアガーデンに行ってみたかった!」と、初めて積極的な返事が来たので会うことに。

自宅が池袋方面とのことだったので、池袋の西武の屋上ビアガーデンをチョイス。
待ち合わせも西武の1F入口付近に。

正直、メールのやり取りから容姿などは期待してなかったのだが、目の前に現れたのは身長155センチくらいの中肉の私から見たら比較的小柄なメガネの娘さんだったよ。

やはりパッと見は地味かなって思ったけど、良く見ると目はパッチリ系でキレイ。
「わーお、案外、磨けば輝く原石かも?」なんて古臭いことを考えたよ。笑

早速ビアガーデンで乾杯し、私主導の元で会話をするが、やはりうまくキャッチボールができない。

なんでも3年前に彼にフラレたらしいのだが、そのショックを引きずってる感じだった。
ただ、彼を忘れられない・・・と言うよりは、自分に自信を無くしてる感じ。

でもね、暑い夏の夜だから、徐々に酒が進み、酔いも手伝ってか自分からも話すようになってきたので、経験上、うまく相槌を打ちながらこちらのペースに引き寄せることができた。

「一人エッチとかはするの?」

「・・・たまに」

「なんか勿体ないよねぇ」

「えっ・・・」

後半の1時間は意識してエロの話題をちょこちょこ散りばめながら出したおかげもあってか、店を出て二人きりのエレベーター内でいきなりキスをしても抵抗なし。
逆に目を閉じて受け入れ体制OKと言ったところ。

そうなると話しは早くて、「次にどこ行く」なんて野暮なことは聞かずに、手を取ってホテル街に向かう。

もうその時は彼女も気持ちを固めたのか、何の抵抗もなくホテルについてきたよ。

とにかく暑い晩で、歩いてるだけで汗もかいてたので、一緒にシャワーを浴びようと言ったのだが、「ダメ」とのことだったが、浴びてる最中に強引に入ると話しは早いよね。

改めてシャワーを浴びてる美沙子を見ると、思った以上に良い形の胸だった。
触ってみるとやや硬めかな。
いや、これが子どもを産んだことない女性の胸だったのかもしれない。
なにせ最近は人妻系、子持ち系の女性とばかりだったので忘れてしまったのかもしれない。

シャワーを浴びてる後ろから手を回して両乳首を触ると、全身がぴくっと震え、腰を一瞬クネっとさせた。感度は非常に良い。

シャワーを止めて、改めてキスをすると、つまらなそう・・・との印象が嘘のように、積極的に舌を絡めてきたよ。

その後、立たせた状態のまま、私が徐々にしゃがむような感じで口から首、胸と舐めていき、腰のくびれ部分で舌を這うと、もうアエギ声を抑えられない状態。

アソコの毛は濃くなく、丘の部分に毛が集中し、アソコが良く見える感じで楽だった。
しゃがんだ姿勢で両手でアソコを開き、クリを舌で攻めると立ってられないような状態になり、美沙子は両手を私の頭の上に当て、クネクネしまくり。

その後、立ち位置を変更し、私が立って美沙子をしゃがませてのフェラ。

フェラをさせると女性の過去の性癖ってのかな、どんな指導を受けてきたのが分かる。

美沙子はセックスもつまらないタイプの女性かと思ったが、丁寧においしそうに舐めてる姿をみると、かなり指導されてきたのが分かった。
特に頼んでもないのに、バキュームから裏筋に舌を這い、玉袋も口に銜え、銜えながら舌でゴニョゴニョ。
その後は私の股を開かせ、アナルまで舌を這わせる辺りは、かなりの経験とみた。

そんなギャップに興奮してしまい、風呂場で立ちバックの姿勢でイン。
狭い風呂場で大音量のアエギ声を出す美沙子は更に奥を突いて欲しいと言わんばかりに、自ら腰を前後に振り、私もそろそろ限界に近付いた。

で、勢いで後ろから耳元で「口の中に出していいか?」と言うと、黙って頷いてくれたので、限界まで腰を振ってから直ぐに抜き、美沙子をしゃがませてから口にめがけて発射。

口に入れたのをどうするのか見てると、美味しそうに飲んでしまったのには少々驚いたが・・・。笑

その後、場所をベッドに移動し、横になりながらアソコを触ってると、美沙子も手を伸ばして私のアソコを掴んで上下に動かす。

「まだ、やる気、十分なんだな」と。

「オナニーしてるって言ってたけど、ちょっとだけ見せてよ」と言うと、「ヤダ」って返事が返ってきたが、美沙子の手を取り、一緒にアソコを触らせるように誘導し、しばらく一緒に触ってたが、ふと私の手を離すと、一人でも触ってる。

「いいねぇ、もうちょっと見せてよ」と言うと、「もう・・・」って言いながらもどんどん激しくなる。

それを見てたら、私も興奮してきたので、美沙子の口元にアソコを突きつけて舐めさせる。

その後は二回戦に・・・

そんな美沙子とは現在も月に1回くらいの割合で情事を楽しむ仲である。
次のページでは現在の美沙子とのことを書いてみたいと思う。

ちなみにもう退会させたので美沙子はいないが、魅力的な子がたくさんいるのはハッピーメールね。
 

素人女性とネット恋愛実践記メニュー


出会い系初心者の方へ

有料サイトか無料サイトか
悪質出会い系の見極め方法
同時登録するようなサイトは避けなさい
サイト名を変える出会い系は止めなさい
過激なキャッチは罠ばかり
積極的すぎる女性には気をつけよ

素人女性にネットで出会うために

あなたの目的はなんなのか
ファーストメールは最重要ポイント
疑問形で締めくくる
いきなり直メを聞き出してはダメ
相手の目的を探る
共通の話題を見つける
普通っぽい子を探す

素人女性と出会い体験談

田舎に帰る短大生との思い出の一夜
地味なプロフの女性は当たり
バツイチの28歳は舐めるのが大好き
引っ込み思案の女性も夏は開放的になる
美沙子とのその後
27歳総務部所属は真面目さん

 
ページの上へ▲
素人女性とネット恋愛実践記トップに戻る
サイトマップ
 

(C) 素人女性とネット恋愛実践記.
携帯アクセス解析